数学にセンスはいらない!

数学を解くには才能がいる?センスがいる?そう考えている人も多いのはないでしょうか?実は私も昔はそう考えていました。しかし、それは違うんです。センスや才能無しで、数学が解けるようになる「イーズ流数学勉強法」の一部を紹介します。

一般的に教えられる数学の勉強の流れ

1.大量の課題が配られて演習

たくさん問題を解いて身につける。これは一見すると正しいように見えます。しかしこの方法が通用するのは中学生まで。高校数学では中学数学の約5倍の量になる+難易度が一気に上がります。そのため必要な時間も5倍。大量に解くだけの勉強は「消化不良」「理解不足」の原因になるので非効率と言えます。

2.「しっかり考えて解け」と言われる

数学では考えることが重要なのは確かです。でも、数学が苦手な人は、考える道具が無く、いくら考えろと言われても「何を考えたらいいのか」が分からないんです。だから机の前で永遠に問題とにらめっこ。時間をただ浪費する勉強は非効率です。



時間が「無限」にあるなら上の方法でも良い。

でも、高校生は3年間で限られている。

 

さらに毎日の部活動で、1日に数学にかけられる時間は最大3時間程度。

その中で中学数学の5倍の量もある高校数学をマスターしなくてはいけないのです。

イーズでは「習得の流れ」を大切にし、意識して指導しています。

 

「センス不必要!無理なく無駄なく数学を伸ばせる勉強法」

STEP1. 公式・定理の「使い方」を理解する。

「理解した」は人によって程度の差があります。学校の授業ではわかるのにテストになると問題が解けない!!普段からこのように感じている人は、もしかすると問題を解くために必要な「理解」になっていないのかもしれません。

 

数学を得意にするのに「必要な理解」とは??


【数学が苦手な人の理解】

・公式の使い方を覚えた(公式が単独で使えるようになった)

・公式の成り立ちを覚えた

・問題の解き方を「丸暗記」した

 

↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓

 

【数学が得意な人】

・公式の「使う所」を覚えた。(どういう時に使えどういう時に使えないのか)

・なぜその式を使ったのかという「発想」や「考え方」を理解した。

・どういうポイントに注意して解かないといけないのかを理解した。


こういう差があるのです。数学はただ公式を覚えれば良いというものでは無いということは是非知ってほしいことです。さらに公式は、問題を解くときには「1つの道具」として使うのだから、公式の段階から理解の質にこだわりましょう。

 

イーズの授業では、公式を教えるときは「使いドコロ・発想・考え方」を中心に教えます。


STEP2. 問題のパターンを理解して覚える

公式を「深く理解」した後は、問題を解くためのトレーニングをします。そこで必要なのは「解法の暗記」です。

 

なぜ解法の暗記が必要なのか??


理由は簡単「時間が足りないから」です。数学の参考書で有名なフォーカスゴールドを例に取ると、問題の数は演習題を含めると2000問以上もある。例えば、それらの問題を高3から解き始めると・・・1日5.47問。これで1周。はい、絶望的ですね。

 

つまり、コツコツ真面目に勉強をしていては数学は間に合わないのです。そこで「入試数学に頻出する問題を抽出し、解法でまとめたもの」を何周もやった方が効率的なのです。イーズでは約600パターンまで厳選し、そのパターンを教えています。


 

問題パターン暗記の落とし穴!?


問題の解法パターンを暗記するということは効率的なのですが、1つ大きな落とし穴があります。それは「暗記」の意味を勘違いしていること、なのです。実際にパターン暗記をやらせてみると「問題をただ眺めて丸暗記」する人がでてきます。これでは、ただの暗記教科になってしまい意味が無いのです。「理解型の暗記」まで引き上げない限り伸びないのです。

 

具体的には・・・

◎問題を見て、どういう発想でそのやり方にしたのか

例:共有点の個数の問題→解の個数の問題に帰着→文字定数分離

例:円の弦の長さ→直線と円の方程式の連立→めんどくさい→点と直線の距離+三平方

 

◎その問題を解く上で、注意すべき点は何か?

例:最高次数の係数が文字→場合分けする可能性が大

例:カタマリを置換→必ず範囲をもとめる

 

という流れです。イーズの授業ではこの「発想」「着眼点」「注意点」を中心に各パターンの解説をしていきます。




数学勉強法無料セミナー お申し込みフォーム 

もっと詳しく勉強法を知りたいという方のために、無料セミナーを行います。

私が面談時でお話している勉強法をそのままお伝えいたします。

お時間は個別形式で30分程度です。

セミナーのみ参加したい方への、強引な勧誘などは行っておりませんので、お気軽にご参加下さい。

メモ: * は入力必須項目です