夏期講習 高校2年生 受講費

1講座 8回×70分

1講座 18,000円×2 4講座 45,258円×2
2講座 29,058円×2 5講座 51,738円×2
3講座 37,158円×2 6講座 57,138円×2

受講費は8月と9月の2回に分けてお願いしております。

 

例) 数学と英語を受講した場合、2講座となります。

 夏期講習 高校2年生講座内容 

数学

学校準拠クラス 竹高数学

高2竹高hiクラス

学校課題で応用力をのばす

発展 夏課題を有効利用したい人 竹hiα

夏課題をやっただけでは実力はつきません。数学の実力をつけるためにやることは2つ。「パターンとして知らないといけない問題」を知り、確実に解けるようにすること。各問題のアプローチと発想を知り、使いこなせるようになること。これらは自分自身で勉強するだけでは身に着けることがとても難しいことで、学校でもあまり教わることがありません。この講座は夏課題をただ解説するのではなく、夏課題の問題から抜粋し、この2つに焦点を当てて解説していきます。そして数学の実力を伸ばすことを目的とした講座です。

高2竹高hiクラス

3関数を完璧に!

発展

発展までやりたい人

竹hiβ

3関数とは、三角関数・指数関数・対数関数のことです。これらの分野の応用問題は独特です。三角関数の問題だったのに気が付いたら二次関数の問題になっていたり、対数の問題だったのに気が付いたら軌跡の問題になったていたりと解法を知らないと解けない問題がたくさんあります。さらに学校では進度の関係でこのような応用問題は飛ばされがちです。この講座ではイーズのオリジナルテキストを使って3関数の知らないといけない典型題を扱い、基礎的な知識をおさえながら発展問題を解けるようにします。

高2竹高stクラス

学校課題で暗記数学

標準 学校課題で苦戦する人 竹stα

竹高の課題は毎年、高1からの履修単元全てが出題されます。ずいぶん前に習った単元は忘れていていると思います。そこで夏課題を利用して履修単元を復習すると共に、今まで苦手だった単元を得意単元にして行きましょう。

「数学は理解するもの」だと聞いた事があるかもしれませんが、しかし数学は「典型問題の解法暗記」をすることで劇的に出来るようになります。数学を暗記すると言っても歴史の年号や英単語のようにただ暗記するだけではありません。学校課題を利用して「典型問題の解法暗記」の仕方「数学の勉強の仕方」について講義します。

高2竹高stクラス

3関数の公式の使い方

標準

3関数が苦手な人

竹stβ

3関数とは、三角関数・指数関数・対数関数のことです。この単元はセンター試験はもちろんのこと数Ⅲをやる上で重要な単元になってきます。三角関数には加法定理、2倍角の公式、3倍角の公式、半角の公式、合成、和積の公式、積和の公式などたくさんの公式がありますが、この公式をせっかく暗記しても問題が解けない人が多く存在します。なぜなら「この問題は2倍角の公式を使う問題だ」というように使う公式の判断ができていないからです。4ステップのような問題集では公式ごとに問題が分かれているので、公式を暗記してしまえば解けてしまいます。しかし、テストや入試は公式ごとではなくどの公式を使うか分からないようにランダムに出題されます。問題を見たときに「どこに着目して、どこ公式を使うのか」を見分ける事が重要になってきます。この授業ではただ公式を暗記するのでなく、問題を見たときに「どこに着目して、どの公式を使うのか」に重点を置いて授業します。

学校準拠クラス 土一数学

高2土一hiクラス

休み明けテスト対策

発展 テストで点に結びつかない子 土hiα

夏休みの課題は量が多く、なかなか自分で管理して進めることは難しい。この講座では学校課題の進め方について解説し、効率的にこなしてもらうとともに、苦手になりやすい範囲(特に様々な発想が必要な平面図形、確率や覚えることの多い三角関数などが中心)の演習をします。また、ただ解くだけでなく”減点されない”答案の書き方をチェックして指導していきます。これは模試、本番の大学入試は一点を争う世界なので、非常に大切なことです。この夏に苦手分野を明らかにして効率的に復習し、答案の書き方もマスターして”点の取れる”知識を身につけましょう。

高2土一hiクラス

「本番で使える」数列

発展 数列に少しでも不安を感じている人 土hiβ
数列と一言にいっても基本的な等差・等比数列、その和、漸化式、帰納法などやるべきこと、覚えるべきことはたくさんあります。また公式だけでは解けないような問題に対しては、数列ならではの発想を身に着けることも必要です。このような問題も多く取り上げていくことで、問題集レベルの知識から、模試や本番の大学入試を見据えた実践的な力へと発展させていくことができます。「数列は量が多くて大変」と思っている子もこの講座を通して”本番で使える”知識を身に着けて、数列を得意分野にしてしまいましょう。

高2土一stクラス

三角比・平面図形

標準 平面図形をマスターしたい人 土stα
数学ⅠAの三角比・平面図形は正弦定理や余弦定理から法べきの定理までたくさんの覚えるべき公式があります。そのため、公式を忘れてしまったり、いつどの公式を使えばいいのかなどがわからなくなってしまったりし、センター試験などで穴になる単元です。そこで、この講座では、公式の導出から活用法までマスターし、センター試験で平面図形を得点源にできる力を身に着けます。

高2土一stクラス

数列のど基礎

標準 数列が全然わからない人 土stβ
この講座では主に数列を扱います。数列は公式暗記だと思っている生徒がたくさんいますが、数列の公式や漸化式は式の意味を考えれば簡単に理解し、自分で作ることができます。この講座では公式の意味を正しく理解し、正しく用いることができるようになることを目標に授業を行っていきます。また、土一では大量の課題がでるので、こちらでペースを指定してあげたり、わからない問題は授業の前半で解説するなどして課題の対策も行います。

医学部進学クラス どの高校に通う子でも参加できます

医学部への数列 発展 難関大志望の人 医α
一通り基本を理解し問題が解けるようになってきたが、難関大合格に向けて次のステップは何をどう学ぶべきか悩んでいる人に効果的な講座です。
数列の発展レベルを扱います。複雑な漸化式や、変則的な帰納法の問題を扱いますので、教科書レベルよりも難しい問題にチャレンジしたい人向けです。
3関数の入試演習 発展 難関大志望の人

β

一通り基本を理解し問題が解けるようになってきたが、難関大合格に向けて次のステップは何をどう学ぶべきか悩んでいる人に効果的な講座です。
三角関数は登場する公式も多いので、どの場面でどの公式を使うかを整理していきましょう。前半で入試基本パターンを紹介し整理してもらいます。後半では、入試標準レベルを扱い、思考するトレーニングをします。

英語

国立2次レベル長文演習 発展 受験レベルの記述力を身に着けたい人 hiα
生徒のレベルに合わせて、国立2次の問題に対応できるような長文・和訳問題を扱います。学校のテストが暗記して内容を覚えるものであるのに対し、模試や受験は解き方を身につけないと高得点を得られません。この講座では、初見の問題に対する解き方を身につけます。
受験英文法 発展 文法問題の総復習をしたい人 hiβ
文法問題はその量が膨大であり、身につけるのに時間がかかる上に、問題の種類も豊富です。高2のうちに受験を意識して総合問題を解き始めることで、周りと比べて優位に受験勉強を進めることができます。
文構造を見極める 標準 文構造をとるのが苦手な人 stα

文章を読むためには、単語を多く覚えることはもちろん大事ですが、ほかにも知っておくべきことがあります。この講習では、文頭・文型・接続詞をテーマに、1文を正確に読む練習をします。正確に文が読めるようになれば、その分だけ長文読解力も向上します。一緒にがんばりましょう。

暗記のいらない英文法 標準 暗記が嫌いな人 stβ
分詞の基本性質を確認したうえで、周辺知識を獲得しながら掘り下げた学習をします。具体的には、自動詞/他動詞・動作動詞/状態動詞・意味上の主語・省略などの文法分野とリンクした授業です。分詞は読解の大きな助けになる文法分野ですから、この講習でぜひ実力をつけてください。
助動詞・関係詞を丁寧に 基礎 文法がまったくわからない人 基礎α
 助動詞=暗記=嫌い。そんな風に思っている人はたくさんいると思いますが、そもそも助動詞は暗記するものではありません。覚えることは確かにありますが、根本にあるイメージをおさえることが一番大事。この夏で一から叩き込み、みんなが苦手な助動詞を、自分の得意分野にしましょう。また、関係詞は雰囲気で解く人が多いですが、それでは確実に得点することはできません。関係詞ほど論理的でルールがしっかりしている分野はないので、誰でも簡単に得意にすることができます。一から原則を学び、確実な得意分野にしましょう。
準動詞の攻略 基礎 準動詞を暗記で解いている人 基礎β
準動詞は、根本から理解していないとただの暗記になり、それがもとで嫌いに、そのうち苦手になってしまいます。
イメージをしっかりとらえて身に付けることができれば、とても論理的でただの暗記ではないことに気づくはず。そしてそのイメージは英作文にももちろん役立ちます。多くの人が苦手としている準動詞を、この夏で得意にしてしまいましょう。

物理

理解する円運動・単振動 標準 物理の現象を理解したい人 hiα
円運動や単振動はセンター試験はもちろん二次試験にもよく出題される単元です。公式の丸暗記に頼って問題を解くのではなく、物理現象を理解した上で「なぜその公式があるのか、なぜその公式を使うのか」に着目して問題を解いて行きましょう
現象から理解する保存則 標準 物理の現象を理解したい人 hiβ
保存則はセンター試験はもちろん二次試験にもよく出題される単元です。公式の丸暗記に頼って問題を解くのではなく、物理現象を理解した上で「なぜその公式があるのか、なぜその公式を使うのか」に着目して問題を解いて行きましょう
物体の運動 基礎徹底演習 基礎 物理の初めでつまづいてしまった人 stα
物理において最初に学ぶ単元が物体の運動です。この分野の問題を解けるようになることは、この先の力学の問題を解くうえで必須条件です。「公式は覚えたのに、何でできないのだろう?」という生徒に対し、現象の見方と問題へのアプローチを丁寧に教えることで、基礎レベルを完璧に習得させます。
波入門(物理基礎) 基礎 波の基礎を理解したい人 stβ
物理の苦手な子の多くは、波と言われて「いやだ!」「何をやっているのかよくわからない。」というイメージを持ちます。何故なら、公式を丸暗記しているだけだからです。この講座では、物理基礎の波分野において基本からの理解をもとに基礎問題を完璧にできるようにし、苦手意識をなくします。未習の生徒にも大いに役立つ講座です。

化学

理解する化学基礎講義 標準 平均点以下の人 α
化学基礎がよく分からない、と思っている人にお勧めな講座です。学校の授業はよく分からないし、化学はすべて暗記だ、と思っているうちに、いつの間にか覚えきれない量になってしまったという失敗はよくあります。イーズの化学は「理解して解く」ことに重点をおくので、覚える量を一気に減らせます。もしも化学基礎が平均点以下なら、夏休み明けのテストで平均突破は間違いなしです。
化学基礎の発展 標準 化学基礎が得意な人 β
受付終了いたしました

国語

理系のための現代文(初級) 基礎 現代文がまったくできない人 α
「昔から現代文が苦手で…」「何をどうやって勉強すればいいのかさっぱり分からない…」人に、現代文の読み方と解き方をイチから丁寧に教えます。現代文なんて、誰でもできるようになりますよ。
理系のための古典(初級) 基礎 古典をまったく勉強していない人 β
「古文漢文が、ヤバい。」「古文漢文を勉強する気にならない。」そんな人のためにイチから古典を学ぶ講座です。ひとまず現段階で覚えて欲しい文法や句形を最小限に絞って、効率的に古典の力をつけます。

受講生の声