冬期講習 受講費 
1講座 7回×70分
1講座 25,547円 4講座 57,138円
2講座 37,158円 5講座 63,078円
3講座 48,498円 6講座 66,858円

例) 数学と英語を受講した場合、2講座となります。

 冬期講習 高校2年生講座内容 

数学

竹高クラス

竹高クラス 平面ベクトル 導入~発展 発展 平面ベクトルをマスターしたい子 竹hi

ベクトルは今までの数学とは違う新たな概念で考えるので、公式を暗記しただけでは、どのように使えばよいのかがわからなくなってしまいます。なのでこの講座では、ベクトルとは何か?というところから始め、典型問題のアプローチを発想を重視しながら講義します。そうすることで、知識を無駄なく吸収できます。その後応用題の演習を行います。ベクトルの土台が固まった状態で演習を行うので応用題でもスムーズに問題を解くことができます。
また、ベクトルは得意不得意がはっきりしやすい分野です。その分岐点となるのが平面ベクトルです。なぜならば平面ベクトルも空間ベクトルも考え方は全く同じだからです。さらに数Ⅲの複素数平面という分野に関しても基本はベクトルの概念を用いて考えていくので、平面ベクトルは必ず抑えないといけない分野です。この冬で平面ベクトルを得意にしましょう。
(竹高の進度によっては、内容の変更の可能性があります。)

竹高クラス 暗記する平面ベクトル 標準 ベクトルが苦手な子 竹st

ベクトルは得意不得意が分かれる分野の一つです。この分野を得意にするためにまず、位置ベクトルを理解させます。位置ベクトルを理解する事でベクトルの問題が全て同じように見えてきます。同じように見えてきたらあとは演習を積むだけです。平面ベクトルをマスターすることで空間ベクトルや数Ⅲの複素数平面の学習がスムーズになるので、この冬に平面ベクトルをマスターしましょう。

土一クラス 数列・3関数 徹底演習 発展 数列、3関数の演習が足りない人 土hi

数列、3関数はセンター試験はもちろん、これからの模試を見据える上で必ず得点しなければいけない範囲です。さらにこの範囲は出題される問題のパターンを網羅することにより確実に得点することができます。加えてこの講座では解答作りにも意識をおき、減点されない解答作りを学べます。「基本はわかっているのに点数がとれない…」そんなあなたが確実に成績をあげることができます。この冬に徹底して演習しましょう。

土一クラス 基礎からの場合の数 確率 標準 場合の数・確率を理解できていない人 土st

場合の数・確率はしっかりと理解しないと解けるようにはなりません。例えば、問題を解いていてこれはCを使うのかPを使うのかを明確な理由を持って解けていない人はこれから入試問題などを解くときに自信をもって解けなくなってしまいます。あいまいな知識はこれからの学習に大きな支障をきたします。この授業では、基礎的な問題を通して理解を深めるともに知識を再構築することで使える知識に変えていきます。

受験対策クラス    どの学校に通っている子でも参加できます

ベクトル入試演習 発展 難関大志望

難関大入試ではベクトルだけで構成される問題は多くありません。他単元の問題と融合して出題されることが多く、特に図形を捉えるための道具として利用する問題が頻出です。
よって、問題集の問題と入試問題とではギャップがありますので、この講座で入試問題のベクトルの扱いを練習します。コーシー・シュワルツや正射影などの発展的な手法も扱います。

英語

ハイレベル文法総復習 発展 国立レベルの文法を学びたい人 hi

記述式の問題と、総合問題で、文法力の総仕上げを行います。分野別の問題だけでは身につけられない力を養成します。解いた問題の出来具合と内容に合わせて、復習すべき範囲を指定し、抜けをすべてふさいでいきます。夏期の終わりには、文法の抜けが無い状態が出来上がります。さらには、熟語テストを行い、熟語力も養成します。

文の構造を見極める 標準 文構造がとれない人 st

英文が読めない原因として、その文の構造をしっかりと理解できていないことがあげられます。構造がとれないのは、文型・品詞を意識せず、雰囲気で読もうとしてしまうから。
雰囲気読みでは、いずれ点数は頭打ちしてしまいます。イーズでは、どうやって文の構造をとっていけばいいのかを、論理的に解説します。

物理

波動~応用編~ 標準 波動分野の模試で高得点をとりたい人 hi-

波動は公式を丸暗記していては応用問題になったときに公式が使えなくなったり、符号のミスをしてしまったりします。公式を丸暗記するのではなく現象から理解することで公式を「当たり前」にします。その後、当たり前の公式をいつ・どのように使うのかを訓練して行きます。

苦手な子も絶対わかる力学 基礎 物理がまったくわからない人 -st

物理が苦手、さっぱりわからない!という人向けの講座です。物理が苦手な子の共通点として「問題を見たときにまず何をしてよいかすぐに思いつかない。」「公式をどう使うのかが分からない。」という点が挙げられます。何をすればいいのか思いつかないのは、問題ごとの暗記に頼っているから。公式が使えないのは、式がもつ物理的意味を分かっていないから。力学は根本となる原理を理解すれば、すべての問題に対応できる力がつきます。力学の超重要基礎となる運動方程式・エネルギー分野の解説を通してそれを実感させます。

化学

電気分解 平衡マスター 標準

化学を理解して勉強したい

電気分解は陽極と陰極の組み合わせは無数にあり、覚えることは不可能です。本講座では、各電極におけるメカニズムをわかりやすく解説し、最短経路での習得をさせます。平衡に関しても反応前後を把握することによって、より容易に理解できるよう指導致します。

生物

生物基礎復習 基礎 生物が苦手な人

 

受付終了

 

国語

古文を基礎から 標準 古文が苦手な人

古文はずばり、単語と助動詞と接続・活用!これらさえやれば古文を読み解くための力は6〜7割身についたようなもの。基本こそ重要な古文はやるべきことを押さえれば読めるようになります。特に助動詞の覚え方、問題を読み解く際の使い方を問題を通して身につけましょう。文系はもちろん、理系の子だからこそやるべきことをはっきりさせることで、古文は克服できます。もう古文が苦手とは言わせません。