| 数学にセンスはいらない

ここでは数学の勉強法をご紹介します。

いままでイーズの説明会にご参加いただいた方に

お話してきた内容の一部ですが、

お役に立てる情報があれば幸いです。

ぜひご覧になって下さい。 

 

数理進学予備校E'z 

竹園校高等部代表

笠原康弘

教科:数学、生物

 

 

数学の授業では、解法ではなく、発想に着目して講義を展開する。東大理Ⅰ、筑波大医学部、昭和大医学部、日大医学部、東北大工学部などの合格をサポートした


| Ⅰ 公式・定理の"使い方”を理解する

「理解した」は人によって程度の差があるようです。

 

学校の授業ではわかるのに、

テストになると問題がまったく解けない!!


普段からこのように感じている人は、

もしかすると

問題を解くために必要な「理解した」になっていないのかもしれません。

・解答の流れを理解した ・なぜその解法を用いたのか、発想を理解した
 ・公式の成り立ちを理解した ・公式の使い方を理解した 

数学が苦手だという人の「理解した」は左側、

数学が得意ですという人の「理解した」は右側

という傾向があるようです。

 

この動画では、数Ⅱで登場する「相加平均と相乗平均の関係」という定理について説明しています。

関数の最大最小に用いることができますが、そこでは注意しなければならないことがあります。

公式の使い方を、しっかり理解しましょう。

   【相加相乗平均の最大最小への利用】

              ちょっぴり発展的です。

| Ⅱ 類似している問題を、分類して整理する

数学では、互いに類似している問題があります。

解法もそのまま類似していればいいのですが、なんにも困ることはないのですが、

やはり解法が異なるケースもあるんですね。

 

数学を得意にするためには、

こういった類似問題をしっかり整理する必要があります。

1.類似している問題を把握する。

2.類似問題どうしの違いを把握し、解法をそれぞれ覚える。

3.それを暗記する。

 

以下の動画は、漸化式を例にして、パターン整理を行っています。

・数列漸化式ってどんなもの

・数列漸化式パターン別その1

・数列漸化式パターン別その2

【数列漸化式ってどんなもの】

【数列漸化式 パターン別その1】

【数列漸化式 パターン別その2】

この続きに興味をお持ち頂けた方は、お問い合わせ下さい。すべてご説明いたします。


| Ⅲ 復習は、時間ではなく、回数が大事

記憶についてです。

 

せっかく深く理解しても、

その記憶が2ヶ月しかもたないのであれば、やはり成績はあがりません。

 

理解した内容は、

受験当日まで忘れない形で頭にしまっておくことが大事です。

 

興味があることは覚えられる、とよく言いますね。

私も、そのとおりだと思います。

 

しかし、

興味がないことは覚えられない、ということはないようです。

 

1度も喋ったことのないクラスメイトのことを想像してみてください。

・・・・

その人の名前を思い出せませんか??

結構な割合で、覚えている人が多いようです。

不思議ですよね。まったく興味のない人の名前を覚えているんですよ。

 

なぜだろう??と考えてみると、毎朝の出欠確認に理由があるかもしれません。

 

脳の構造上、

何度も入ってくる情報=大事な情報

として扱われています。

 

たとえ無意識だろうと

毎朝、名前の情報が入ってくることで、

脳は大事な情報だと勘違い(?)し、

自分では気づかない間に覚えてしまっているようですね。

 

記憶力がよくない、暗記が苦手だ、と苦しんでいる人は

「短時間でもいいので、回数をこなす!!」

をスローガンに復習を頑張ってみてください。

 

1つの内容に1時間かけるのではなく、

1分ずつでも60個の内容を毎日、復習してみてください。

絶対に効果がありますよ。


数学勉強法無料セミナー お申し込みフォーム 

もっと詳しく勉強法を知りたいという方のために、無料セミナーを行います。

私が面談時でお話している勉強法をそのままお伝えいたします。

お時間は個別形式で30分程度です。

セミナーのみ参加したい方への、強引な勧誘などは行っておりませんので、お気軽にご参加下さい。

メモ: * は入力必須項目です